アンプの修理はお任せください。
Marshallアンプ、他、真空管ギターアンプのメンテナンス、修理、真空管の交換、バイアス調整致します。

特にバイアス調整はユーザー様の音楽思考を聞いた上で調整範囲を変化させます。
バイアスの位置によって音が変化するためです。

パワー管の交換後、バイアス調整を怠ると真空管の寿命も左右しますので、適切な調整が必要です。
トランジスターアンプにも対応致します。
※MESA BOGIEのアンプはバイアス調整は不要です。(可変出来ません)

またエレキギターの電気的修理、ピックアップ交換なども対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。


ギターアンプ、エレキギター、ベース、エフェクター、その他 買取致します。
お電話にてご相談、またはお持ち込みください。査定させて頂きます。
アンプのメンテナンス、修理、バイアス調整・・・・・・8,000円+部品代(税別)
重故障の場合は別途見積もり致します。
見積もり後、キャンセルの場合・・・・・・・・無料(お持込の場合に限ります。)
 
 Hughes&Kettner Triamp mkU
 ネオン管ランプ(冷陰極管)のLED化作業
  (ヒュース&ケトナー)

              ¥20,000(税別)
                           既存のインバーター電源より追加回路にて電源を作りますので
                            音への影響はありません。











   カラーはお好みの色へ変更可能です。
   詳しくはお問い合わせください。
   これで輸送振動でのネオン管ランプ切れから開放されます。
なせ真空管アンプに拘るのか・・・

それは経営者自身がギターリストであり、真空管アンプのオーナーだからです。
そして真空管アンプの音にこだわり続けて来たからです。
さらにギターアンプの音、好みはギターリストにしか分からない分野でもあるからです。
| 会社概要 | 業務内容 | リンク | お問合せ |