アンプの修理はお任せください。
Marshallアンプ、他、真空管ギターアンプのメンテナンス、修理、真空管の交換、
バイアス調整致します。

特にバイアス調整はユーザー様の音楽思考を聞いた上で調整範囲を変化させます。
バイアスの位置によって音が変化するためです。

パワー管の交換後、バイアス調整を怠ると真空管の寿命も左右しますので、適切な調整
が必要です。
トランジスターアンプの修理にも対応致します。またエレキギターの電気的修理、
ピックアップ交換なども対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。


ギターアンプ、エレキギター、ベース、
エフェクター、その他 買取致します

お電話にてご相談、またはお持ち込みください。
査定させて頂きます。
アンプの修理・・・8,000円〜(別途部品代+消費税)
多重故障の場合は別途見積り致します。
見積り後、キャンセルの場合・・・・無料(お持込の場合)
FERNANDES DIGI-ZO HYPER
修理できます!



















良くある症状
サーと言うホワイトノイズが大きくて音が出ない。または音は出るがノイズが大きい。デタラメに誤動作する。ファクトリーのリセットも出来ない。時間が経つと症状が変わりマシになるなど色々な症状があります。修理をご希望の方はお問い合わせください。基板供給不能のためメーカーでは修理不能との事です。11,000円(税別)
Takamine (タカミネ) NPTプリアンプの修理できます!
※前期モデル LEDが赤のタイプ(赤プリ)
 後期モデル LEDが緑のタイプ(青プリ)

色んな症状がありますが下記の症状が多いです。

※全体に音が小さい。または全く出なかったり殆ど出なかったりします。青プリはEQとPASSを切り替えると片方だけ音が小さかったり出なかったりもします。

修理代金は10,000円〜(税別)、こちらもメーカーの方では修理不能との事です。お気軽にお問合せください。

経営者自身が長年音楽活動をしているギターリストです。
音の分かる修理技術者ですのでご安心ください。


IT Doctor 097-558-0040  info@itdoctor-net.com
| 会社概要 | 業務内容| お問合せ |